FC2ブログ

☆空を見上げて幸せ気分☆

熊本市内でヒプノセラピーサロンをしています。セラピストEMIKOの日々の生活やヒプノセラピーについて書いています。

Entries

☆海に潜るということは潜在意識と繋がること☆


ダイビングのインストラクターの女性が、自分の中の制限・制約を外して

胎児の時のエラ呼吸を思い出す。

すると、自分の本来の能力が出て、海に20~30分潜る事ができると聞いた。


今朝、朝ドラを見ていたら、共通点があり 「なるほど!!」 と腑におちた。


主人公(女子高生)の母親が、昔、母親から海の潜り方のコツを教えてもらった

話をした場面がありました。


人間が一番酸素を必要とするのは、頭で考えている時。

だから頭を使わない様にすると、海に長く潜ることが出来るというお話でした。


「潜る」 は 「潜在意識」 の「潜」と同じ漢字ですね。

海に潜るということは、潜在意識と繋がるということ。

潜在意識に繋がる為には頭 (顕在意識) を使わないこと。

そして、海に長く潜る秘訣も頭 (顕在意識) を使わないこと。


〇頭を使わずに海に潜るのも潜在意識と繋がる方法。

〇頭を使わずに瞑想をして 「無」や「空」 になる瞑想も潜在意識と繋がる方法。

〇頭を使わずに 「ボォ~」 と過ごす時間も潜在意識と繋がる方法。

すべてに共通しているのが、思考を外して顕在意識を使わないこと。


潜在意識の説明の氷山の一角という例え話をするが、それにも海が関係する。

潜在意識が海で、顕在意識が海から出ている少しの氷山というものだ。


胎児の時は、羊水の中で10か月を過ごす。

人間にとって海 (水) との関わりは本当に深いものだと思います。



これから朝ドラの主人公が、どのようにして、海と共に成長していくのか

楽しみになって来ました。                EMIKO

スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

EMIKO

Author:EMIKO
「プレゼンス ヒプノ」
女性専用のヒプノセラピーサロン
http://presence-hypno.com

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR