FC2ブログ

☆空を見上げて幸せ気分☆

熊本市内でヒプノセラピーサロンをしています。セラピストEMIKOの日々の生活やヒプノセラピーについて書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆人を褒めて認める自分でいるために…☆


最近、人を褒める事が出来る人と出来ない人について考えさせられる出来事

に直面しました☆
 

何故、他人を褒める事が出来ないのか…  それは『自分が負けた気分になり、

悔しいから』 褒める… という行為をすると、自分より相手の方が上に感じて

しまうんですね。 相手のほうが優れていると感じてしまうんですね。


逆に考えると、自分の方が下・自分の方が劣っている・自分が負けたような気分

になってしまう。そういう気分になるのが嫌な時なんですね。

負けると悔しいんです。だから、褒めてあげたくないのです。



<人生の4つの立場>
   

「私もOK、あなたもOK」 → 一緒にやろう。

「私はOKだけど、あなたはOKじゃない」 → 私の方が正しい、偉い、上だ!

「あなたはOKだけど、私はOKじゃない」 → あなたの方が上だ、正しい、優れている

「私もあなたもOKじゃない」 → どうせ私もあなたもダメだから・・・


この4つのポジション、「OK図表」と呼ばれています。


自分のポジションはどこだろうか?

「私もOK、あなたもOK」 「私はOKだけど、あなたはOKじゃない」

   
「あなたはOKだけど、私はOKじゃない」「私もあなたもOKじゃない」


そうです!!  いい人間関係って勝ち負けじゃないですよね。

優劣でもないですよね。 「私もOK・あなたもOK」なのです。


悔しいから、負けたくないから、褒めないって所に入ってしまうと、OK図表は

「私はOKだけど、あなたはOKじゃない」or 「私もあなたもOKじゃない。」

        
になってしまいますね。 「私はOK」 だから、自分を低く見ることもなく、

「あなたもOK」だから、相手にも素直に褒めたり認めたりできるのです。

「悔しくてほめる気にならない」 こういう気分に陥ったら、「私もOK、あなたもOK」  

その言葉を思い出して自分の心を点検してみましょう☆☆☆


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

EMIKO

Author:EMIKO
「プレゼンス ヒプノ」
女性専用のヒプノセラピーサロン
http://presence-hypno.com

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。