FC2ブログ

☆空を見上げて幸せ気分☆

熊本市内でヒプノセラピーサロンをしています。セラピストEMIKOの日々の生活やヒプノセラピーについて書いています。

Entries

☆亡き母親との悲嘆療法☆


今日は宮崎県在住の医師であり、ヒプノセラピストのあきこさんとスカイプでの

セッションの日でした。

毎月、お互いにヒプノセラピーの向上と癒しを兼て、スカイプセッションを

しています。  今日は私がセッションを受ける順番でした。 


カウンセリングを受けている時に、悲嘆療法 (グリーフセラピー) のお話になり

ました。     私は20年前に母親を亡くしています。

色々な思いがあり、ヒプノセラピストなのに自分の悲嘆療法をしていませんでした。

私には母親が二人います。   生みの母親と育ての母親…

生みの母親は今福岡に住んでいます。

今回、思い切って育ての母親との悲嘆療法を受ける事にしました。



今年の夏に訪れた沖縄・久米島の 「はての浜」 のイメージから催眠が始まり

ました。  大好きな風景を思い描きながら心がリラックスしていく…

透明感のある海…  波の音…  白い砂浜を歩く音や感覚… 心地よい風…

それらを観じながら、深い深い意識の底へと…








母親は55歳位での年齢で、亡くなった年よりも少しだけ若い姿でした。

母の気持ちを聴いていると、大粒の涙が止まらない…

セラピーを受けて、これほど泣いたことは無かった。

私も母に伝えたい気持ちをしっかりと伝える事が出来た満足感で心が満たされた。

そして、お互いに未完了だった思いを完了させることが出来ました。



今回のセッションにより気づいたことは沢山ありました。

私には乗り越え切れないある思いがありました。

それは、母の死に関する後悔と悲しみの気持ち…

セッションを終えて、その当時の心の解放が出来ないと自分の力だけでは

乗り越える事が出来ないことだったのだと分かりました。




セッションを終えると一番最初の 「はての浜」 のイメージへと戻っていく…

沢山の気づきを得た私は、その光景をゆったりと眺めている。

波の音…  風を感じる…  太陽がまぶしい… 砂浜を歩く音や感覚…

それらを身体ぜんたい、そして五感すべてを使って観じている~








身体も心も穏やかでエネルギーが広がっていくようだ。

新しい自分へとシフトしている様に感じました


私が乗り越えられなかった原因が腑に落ちて、心身ともに楽になることが出来た。  

悲嘆療法は素晴らしい技法だと思います

セッション後、母親とのコミュニケーション内容をまとめて、悲嘆療法の原稿を

書き上げた。 


親が亡くなると親孝行は出来ないというけど、それは、違っていました。

母親は残された家族が仲良くしていることを望んでいるし、それが何よりの

親孝行だと教えてくれました 

そして、私が私らしく生きていくアドバイスというギフトまで与えてくれた。

いつも見守ってくれている母親という存在に心からの感謝を伝えて、今回の

私の悲嘆療法は終わりました。 全ての出逢いに感謝です~☆☆☆





スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

EMIKO

Author:EMIKO
「プレゼンス ヒプノ」
女性専用のヒプノセラピーサロン
http://presence-hypno.com

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR