FC2ブログ

☆空を見上げて幸せ気分☆

熊本市内でヒプノセラピーサロンをしています。セラピストEMIKOの日々の生活やヒプノセラピーについて書いています。

Entries

「信仰心」 とは…


朝からTVを視ていると、相川七瀬さんが出演されていて、鹿島神宮・春日大社の

お話をされていました。

私も神社が大好きで、自宅の近くの神社にご挨拶に行きます。

又、ヒプノセラピーのお仕事の前にもサロンの近くの神社にご挨拶に行きます。

神社の清々しい雰囲気が大好きなのです。ご神木の近くにいると落ち着きます。

それで、今日は以前メモしていた文章の一部を書いてみたいと思いました。


「信仰心」… 神社・お寺にご挨拶に行くこと。

それは自分の心のレンズにピントを合わせるための入り口(手段)だという話だと

いうことでした。

本当に大切なことに個人が気付くための手段が、神社であり、お寺であるそうです。

その信仰の行為を通じて、自分自身に内在する 「大いなる存在=宇宙」 に気付く

ための手段であるべきなのが本当の意味だということ。

信仰でピントを合わせるべきは個人の心に住む大切な内在神 (良心) で

あるのに、外在する何かを信仰することが最高だと勘違いしている。

ピントを合わせる先を知らないか、間違っている。

古代の神社は、その背景に 「御神体」 の山を持ちました。

要するに大自然を拝みなさい、大自然に感謝をしなさいということです。

そして大自然に感謝を継続する行為、これを神事として繰り返して行きますと、

その日々の行為の先に自分自身も大自然の一部だという感応を持ち始めます。

自分の心の中に神様を見ることの大切さを知っていると、最善のピントを合わせる

方向に自分が進むことが出来ます。

人間に内在する大いなる存在に気付くための手段は、神道・仏教・キリスト教…

どの宗教からでも可能です。

既に内在することに気付くための入り口として信仰がある。

別に宗教でなくても、自分の心中に神様を見出す方向性を知っているならば、

その入り口が仕事を通じて、商売を通じて、学問を通じて、スポーツを通じて、

子育てや介護を通じて、自分の中の最高神の片鱗をその行為の中に見出す

覚悟と真剣さが必要です。 つまり、仕事を通じて悟ることも可能な訳です。

自分の仕事を通して自他の中の神様を尊重し、神様を自分の生活と行為の中に

表現する。 自分の顔の表情に「出現」させるのです。

その人は、他人からは輝いた人に見えます




スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

EMIKO

Author:EMIKO
「プレゼンス ヒプノ」
女性専用のヒプノセラピーサロン
http://presence-hypno.com

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR