FC2ブログ

☆空を見上げて幸せ気分☆

熊本市内でヒプノセラピーサロンをしています。セラピストEMIKOの日々の生活やヒプノセラピーについて書いています。

Entries

☆ 「魂」 について ☆


今年の4月に 「前世療法」 の著者、ブライアン・L・ワイス博士が来日されます。 

そこで、ワイス博士の著書の中から 「魂」 について書いてみたいと思います。


魂は体を離れたあと、どこへ行くのでしょうか…

そこを示す言葉はないのかもしれません。私はそこをもう一つの次元、より高い意識状態、

より高次の意識レベル、などと呼んでいます。

魂は確実に物質としての肉体の外に存在するようになって、今、別れを告げた人物の他の

転生だけでなく、すべての魂と繋がるのです。 魂は永遠です。

究極には、ただ一つの魂、ただ一つのエネルギーがあるだけなのでしょう。

多くの人々はこれを 「神」 と呼んでいます。 「愛」 と呼ぶ人もいます。

でも、呼び方はどうでもいいのです。

私は魂を一つのエネルギー体だと思っています。このエネルギー体は宇宙のエネルギー

とまじり合い、その後残してきた自分の体を見下ろし、いわゆる人生の再検討を行います。 

今、別れたばかりの人生を見直すのです。

この見直しは愛に溢れたやさしさと思いやりの精神で行われます。

これは罰するためのものではなく、学びのために行われるのです。

あなたの魂は自分の体験をすべて記憶しています。

そして、体を離れた今、より高いレベルで、あなたが助けたすべての人々、あなたが愛した

すべての人々への感謝と賞讃を感じます。同様にあなたが傷つけたり裏切ったりしたすべ

ての人々の痛みや怒りや絶望も、何倍もの強さで感じます。 このようにして、魂は人を傷

つけてはいけないこと、思いやり深くあるべきことを学ぶのです。 

人生の回顧を終わると、魂はさらに体から離れ、しばしば美しい光を見つめます。 

しかし、こうしたことはすぐには起こらないこともあります。 それでも良いのです。 

光は常にそこにあるのです。 ある段階で、魂は光と一つになりますが、向こう側でも

さらに学び続けるために、意識を保っています。 

この時、同時により大きな光とも合体するのですが、(永遠の旅の終わりでは、この合体が

完成する) これには表現できないほどの至福感と喜びがあり、そして、自分の魂はまだ

個別のものであり、地上でも、もう一つの次元でも、まだ学ぶべきレッスンがあるという意識

を伴っています。そして、時期は色々ありますが再び魂は次の肉体へと戻ってゆくことを

決めて、生まれて来ると同時に、光と一つになっていた感覚は失われます。

エネルギーや光と一体となっている時の喜びや至福感との別れには、深い悲しみが伴うと

信じている人々もいます。  そして、おそらく、その通りなのでしょう。 

地上では、今、私たちは個々の存在です。しかし、一人ひとり別々であるということは、

ここ、この次元、この惑星に特有な幻想にすぎません。

最も高いレベルでは、すべての魂はつながっていると私は思います。

私たちは一人ひとり別々に分離していると思うのは、私たちの幻想、または大いなる

錯覚にすぎません。 

ここでは別々に見えたとしても、私たちは他のすべての魂とつながっているのです。 

別の次元では、私たちはみな一つなのです。

この世界では、私たちは私たちの肉体は濃密で物理的な重さを持っています。

そして、病気に苦しみます。

しかし、高次の世界には、肉体的な病気は存在しないでしょう。

それよりさらに高い次元では、物質的なものはなく、純粋な意識だけが存在します。

そしてその向こうには、さらにそこを超えた所、私たちが理解できない世界、すべての

魂が一つである世界があり、そこでは時間さえも存在しないのです。

これは、過去世、現世、未来世がみな、同時に起こっているということを意味しています。

                                ~ 「未来世療法」 より ~


私はワイス博士が著書の中で書いてあるような、「すべての魂がつながっている」 体験

をヒプノセラピーのセッションの中で感じることが出来ました。本当に気持ちがよくて、

ゆったりとした中に時間空間を感じることなく、ただ揺れている感覚。

すべての魂がただそこにいる。 すべてはただ一つの存在としてある… 

そんな感覚でした。 いつまでもそこにいたい。 離れがたい。 

そのような至福感は、本を読んでいるだけでは良く分からなくても、一度、この体を

持ったままヒプノセラピーのセッションで経験し、魂の存在だった時の記憶を思い出

したとき、初めて人はワイス博士の文章が腑に落ちるのではないでしょうか。 

少なくとも私はそうでした。

目を閉じれば、いつでもあのすべての魂と一つであった頃の至福感を経験できる。

現世では色々な事象が起こりますが、あの時の魂の記憶を思い出すと、視点を変え

て高いところから現象を捉えることが出来ます。 俯瞰して物事を観ることが出来ます。

その魂の時の記憶を思い出せたことは、今世の私の生き方に大きな変化が起こせた

ことに間違いはありません





スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

EMIKO

Author:EMIKO
「プレゼンス ヒプノ」
女性専用のヒプノセラピーサロン
http://presence-hypno.com

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR