FC2ブログ

☆空を見上げて幸せ気分☆

熊本市内でヒプノセラピーサロンをしています。セラピストEMIKOの日々の生活やヒプノセラピーについて書いています。

Entries

☆聴くときは空手(手ぶら)になって☆


国分康孝さんの本を読んでいて気づいたことがありました。

教育問題の解決に役立つカウンセリングには、折衷主義が必要では

ないか… との問いかけの文章である。


アメリカで折衷主義に触れて帰国し、特定の理論に固執しないで、どの

理論からも学ぶべきものを学び、それを自分なりに統合してクライエント

に臨む態度のことである。


アメリカで心理学を学ぶ学生は、特定の人物や理論に百パーセント心腹

しない。 自分が自分の言動の主人公である。

それゆえ、クライエントに寄り添える・助けになると自分が思う方法をどんどん

使えば良いという気概がある。


「精神分析や行動療法の研究家も実際に面接場面になると決して自分の

 トレードマークの理論しか使わないというのではないのである。

 その例がフィドラーの研究報告である。

 熟練したフロイディアン、ロージェリアン、アドレリアンの3人の面接場面を比較

 したところ、カウンセラーの応答の仕方に差がなかったという研究報告である。

 つまり、分析者も適度に 「受容」 し、それほど「解釈」 を乱発しているわけでは

 ないし、ロジェリアンも適度に 「解釈」 らしきことを言い、それほど 「受容」 

 オンリィというわけでもない。

 私の言いたいことは、サイエンティストも面接室に入ったとたんアーティストに

 なっているということである。  これは非常に好ましいことなのである。

 アーティストになるということは、特定理論に縛られず自分の動きたいように

 動ける自由人であるという意味である。

 面接場面でも依然としてある特定の理論・方法にこだわっている人間は、頑な

 人間(rigid)  ということになる。

 なにかを握っていないと不安なのである。

 道元のいう 「空手にして郷に還る」 という心境になってないのである。

 「私は手ぶらで帰ってきた。 手ぶらで帰ってきたとは、つかもうと思えば何でも

 つかめる自由を得てきた。 何か一つの主義・主張をつかんでしまうと、それ以外

 のものがつかめなくなる。 そういう不自由な境涯から解脱してきた。」 という

 のが道元の悟りである。

 そこで、クライエントを目の前にしても、依然として自分の好みの特定の理論を

 握って離せないカウンセラーには、 「その理論を握っているから、クライエントの

 心を握ることができないのだ。」 と言わなければならない。

 したがって終局的には、そのカウンセラーが空手(手ぶら)になっても不安がない

 状態にならねばならない。


つまり、カウンセラーの自己陶治が折衷主義の前提である。

カウンセラーが何ものもつかまない自由の心境になっていないと、なかなか

折衷主義に徹しきれないと思う。

注意しなければならないのは、ただ複数の理論や方法にふれさえすれば

折衷主義になるというものではないことである。

下手をすると、もの知り博士に終わってしまう。

知識をオーガナイズできず、一貫性のない 「出たこと勝負」 スタイルになる。

そこで、自分の考えをまとめる機会が必要となる。

① カウンセリングの理論や方法に関するゼミを体験

② スーパービジョンを受け、具体的な場面をめぐってスーパーバイザー
   と意見を交換することによって、自分の納得できるかんがえが形成
   されるからである。 自己盲点に気づくことができる。

③ カウンセラーの教育プログラムに 「哲学」 を加える。
   ※哲学がひとつ決まっていれば、多種多様な理論や技法にふれても、
     自分の哲学から意味づけて用いるからモザイックにならない。
     社会哲学・教育哲学・科学哲学に入門程度でいいのでなじむ。
     実在論・認識論・価値論とは大体どんなことかを知り、観念論や
     経験論にはどんな派があるかを学び、サイエンスとは異なる哲学
     の世界があることに気づくにつれ、そう簡単に特定のカウンセリング
     理論に熱狂できなくなる。
     それぞれの理論を冷静に吟味する姿勢と能力が不可欠である。

④ 学生~高齢者まで、多種多様なクライエントに接するうちに、この世の中に
   「どうしても、これでなくてはならぬ」 と固守すべき理論がないことを認め
    ざるを得なくなる。

特に教育現場は、多種多様に富んでいる。

それゆえ折衷主義でないとやっていけない世界である。






 

 

スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

EMIKO

Author:EMIKO
「プレゼンス ヒプノ」
女性専用のヒプノセラピーサロン
http://presence-hypno.com

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR