FC2ブログ

☆空を見上げて幸せ気分☆

熊本市内でヒプノセラピーサロンをしています。セラピストEMIKOの日々の生活やヒプノセラピーについて書いています。

Entries

☆ 「呑気」 ・ 「やる気」 ・ 「気楽」 ☆




大学で学んでいる心理学。 前期の試験が今日で終了しました。

今回の試験は 「やる気」 が出なくて、「呑気」 にパスしようか… と考えていた。

7月23日に卒論の準備で大学に行くと、バッタリ友人と出会う。

友人と話していると、次第に心の整理が出来て 「呑気」 から 「やる気」 に自分の

心が変化した 瞬間 が分かりました。

試験の4日前の出来事でしたが、それ以来集中して勉強することが出来て、本日、

無事に試験が終了~

合否は分からないけど、 「充実感」 だけは残りました

そして、何より 「やる気」 + 「気楽」 に試験に向かう気持ちになれました。

「呑気」 ・ 「やる気」 ・ 「気楽」  人の気持ちには 「気」 が働いていますね。


日頃から 「カウンセリング」 をしていますが、今回ばかりはカウンセリングの

大切さを実感しました  それも何気ない会話の中に~

話を 「聴く」 ということの素晴らしさ~  本当に実感です

「語る」 ことにより、人は自分の内面と向き合い新たな気づきや行動へと向かえる

力を得ることが出来るのではないでしょうか。


心理療法には 「ナラティブセラピー」 と呼ばれるものがあります。

「ナラティブ」 とは 「語り」 という意味です。

人が 「語る」 ことによって、これまでの物語を、自分自身が 「再構築」 して新しい

物語にすることで、問題の解決を目指していく方法です。

ナラティブセラピーでは、色々な問題は本人自身が作り出した物語の結果であり、

その物語に合わない認知や体験が否認されたり歪曲されたりすることにより生じる

と考えられています。

そこで、セラピストとの対話を通じ、クライエント自らが語ることで、クライエントの

今までの物語を新しい肯定的な物語へと編集しなおしていくのです。

「客観的な真実というものは存在せず、同じ事実でも語る方向によってさまざまな

別の物語になりえる。」 
という考え方です。

ナラティブセラピーでは、人は他者との会話によって育まれるアイデンティティの

中に生きる存在であるとみなすのが特徴といえます。

私達は自分の信念や価値観などにより、問題を問題とみなしてしまっていることが

少なくありません。   

問題を自分の一部として、マイナスな経験を繋ぎ合わせた物語を作ることがあります。

「語り」 により、自ら問題点が分かり自分なりの解決方法を模索していくことが可能と

なるのです。

今回の私の意識変化が起こったのも、傾聴経験が豊富な専門家である友人との

会話がきっかけだったのです。

「語り」 って大切なものだと実感しています











スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

EMIKO

Author:EMIKO
「プレゼンス ヒプノ」
女性専用のヒプノセラピーサロン
http://presence-hypno.com

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR