FC2ブログ

☆空を見上げて幸せ気分☆

熊本市内でヒプノセラピーサロンをしています。セラピストEMIKOの日々の生活やヒプノセラピーについて書いています。

Entries

☆「自他同然」の心☆






「自他同然」 という言葉を聞いたことありますか。

船井総研の船井幸雄さんの本の中に書いてありました。

「自他同然」 とは自分と他人を同じもののように考えるということ。


今日の写真ですが、緑の葉っぱの個性的な雰囲気とオレンジ色の可憐な花。

それぞれに個性を表現しながら、それでも、同じ器の中で輝きを放っています。

お互いの違いを認め、そばにいることを受容して、責めたり、嫌ったり、排斥

することなく、スポットライトを浴びて短い生を懸命に味わい尽くしている様に

私には見えました。


世の中のすべての物は、振動しています。

人間の肉体も微弱な電気的エネルギーで機能しているし、思考や発想も、

すべてある種の波動と言われています。

波動は、干渉しあい ・ 同調しあい ・ 影響しあいます。

例えば、「与えるもの」 が 「受け取るもの」 となり、「出したもの」 が

「返ってくる」 という性質のようなものです。

自分が波動を発してから世の中にさまざまな影響を与えるうちに質的な変化は

多少ありますが、発した波動の影響を、めぐりめぐって一番多く受け取るのは

自分自身です。

そうだとすれば、良い波動を発すれば、よりよい影響が自分のもとに返ってくる。

では…  良い波動を発するためにはどうすればいいのでしょう。

それは、粒子が細かく・振動が細やかな波動です。

人間の感情で言えば、「肯定感・喜び・感謝・愛・調和」 などになります。

だからこそ、「自他同然」 の心で、相手を自分を同然に考え、プラスの感情を

常に発するようにしていれば、それは10倍にも100倍にもなって、自分に返って

くるのです。

しかし…  それがなかなか難しかったりしますよね

頭では理解できても、なかなか行動が共わなかったり、プラスの感情だけで

物事に向き合えなかったり…

そんなとき、「いいじゃない。にんげんだもの…」 と考えることもできるけど、

そろそろ、違う選択肢を選んでみようかな~ と思う。

表面的な欠点にとらわれず、本質をみて愛してみる。 許してみる。

船井先生の本によれば、誰のことも受け止めることが出来る 「寛大さ」 は、

こういう感性から生まれて来るとのことでした。

ヒプノセラピーのセッションを沢山受けて、自分の魂としての存在を色々な方向

から見てきたので、そろそろ、「寛大さ」 を実践して、良い波動の自分になって

いければと願っている私でした

ご一緒に 「自他同然」 の心を身に着けていきませんか。













スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

EMIKO

Author:EMIKO
「プレゼンス ヒプノ」
女性専用のヒプノセラピーサロン
http://presence-hypno.com

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR